home

白無垢の由来と歴史

こんにちは、ブライダルプランナー研修中の佐藤です(*^_^*)

前回ウェディングドレスについてご紹介いたしましたので本日は、日本の伝統的花嫁衣裳「白無垢」についてご紹介します!

白無垢の‘白’という色は、真っ白のまま嫁ぐ、相手の家の色に染まるという意味合いがあるのはご存じの方も多いのではないのでしょうか?

白無垢は、室町時代末期から江戸時代にかけて花嫁衣裳、出産、葬礼、経帷、そして切腹の衣裳とされていました。

そして明治以降洋式慣行が入り葬礼が黒になり、結婚式で花嫁が着用するようになりました。

このことから、白無垢が花嫁衣裳になったのはごく最近のことです(^_-)-☆

そして白無垢には欠かせない、「綿帽子」はウェディングドレスのベールと同様に『挙式が済むまで新郎以外の人に顔を見られないように』という風習から、婚礼に取り入れられるようになりました。

是非、花嫁だけが着ることが許される白無垢を着てみてはいかがでしょうか?

DSC_1151ai

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

’’結婚式をもっと自由に!もっとおふたりらしく!”
 湯沢ロイヤルホテルで叶えるオーダーメイドウェディング
 TEL:0183-72-2131
 H P :http://yrh-wedding.com
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

フォームからのお問い合わせ
  • FACEBOOK
  • Instagram
  • YouTube